楽天証券の投資信託積立がクレジット決済可能に。投資信託の積立先をSBI証券から楽天証券に変更しました。

2018年10月28日から楽天がなかなか攻めた動きをしており、楽天証券にて楽天カードクレジット決済で投資信託の積立ができるようになりました。私も我先にと eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の積立先を変更したのですが、このサービスが各所で注目を浴びていて、継続して続けられるのか不安なぐらいの大盤振る舞いなんですよ。

クレジット決済によるポイント取得可能な上限

例えば、積立可能な金額は毎月 5万円 が上限なのですが、最大限積立した場合、毎月 500 ポイントが付与されます。
年計算だと 6000 ポイントも貰えるため、長期投資を考えると他の証券会社と比較して雲泥の差になります。

SBI 証券でもこういったポイントプログラムがあるのですが、SBIポイントの利用用途が限られているし、貯まりが遅くてまったく使う機会がありません。。

この楽天ポイントで、”ポイント再投資”か”ふるさと納税”の割引として利用する予定です。

楽天の動向について

今回の件で、楽天が目指そうとしている消費者の家庭経済囲い込みが本腰を上げてきましたね。囲い込みについて私は賛成派で、大手携帯キャリアのようにユーザーを縛ろうとせず、各種サービスとの連携でより良いサービスが受けられるのなら移行したいと思っていますし、現在も「楽天マガジン」と「ふるさと納税」で利用しております。

http://napnak.main.jp/?p=768

 

お得に口座開設するための方法

楽天証券を新規開設する場合は、 moppy を経由すると 200P お得になるのでご活用ください。
楽天カードの開設だと、moppy経由で 12000P + 楽天の期間限定ポイント7000P の計19000P も貰えます。

The following two tabs change content below.

napnak

2017年から株式投資に興味を持ち始め、現在30銘柄保有中。 ゲーム / デジタル製品 のインドアな趣味を楽しみつつ、登山 / 釣り / サバゲー も好きで、興味があることはとりあえずやってみる!をモットーに生活しています。