【エピックセブン】人権キャラについての考察

2021年4月29日

概要

エピックセブンにて人権・必須級と言われているキャラについて
話されることが多いですが、私なりの人権と考えているキャラクターについて
なぜ人権と至らしめるのかを考察していきます。

ここでいう「人権」とは、以下と定義します。

  • 特定の日課、月課コンテンツで著しく効率を上げる
  • 唯一無二となる能力を所持している

2021/04/29
閲覧回数が多いようなので最新の動向に併せて修正しました。

 

第一位 執行人ヴィルドレッド(闇ヴィルドレッド)

Screenshot_20201130-172615

最適解のコンテンツ

  • ギルドバトル(攻撃、防衛)
  • 闘技場(攻撃、防衛)
  • メインストーリー、サブストーリー攻略及び周回
  • 機械仕掛けの塔

 

解説

通称”闇川”。
緑川光が演じるヴィルドレッドというメインキャラクターが闇落ちした姿のため、この略称で愛されています。

月影という他ゲームでいう「レジェンド」や「リミテッド」という
排出率が低い限定キャラクターとして位置づけられているため、入手が非常に困難。

このキャラクターの強い点としては、パッシブスキルで
「敵に倒された場合に復活し、さらにスキル3の性能を強化して即座に発動することができる」
という点がまず挙げられるかとおもいます。

通常のゲームバランスを考えた場合、死亡時に復活という特性は
「1試合に一度しか発動しない」「生命力25%で復活する」「復活前提なので復活前は弱く設定されている」
などといった制約が設けられているのですが、この闇ヴィルドレッドには
そのような制約が一切存在せず、さらに復活時に全体攻撃でもトップクラスの威力の技を繰り出します。

まさに、このゲームのメタを作りだすために生まれた存在であり、
闘技場で防衛編成を考えるときにまずこのキャラで攻められた場合でも
安定して返り討ちにできるような編成を組む必要があります。

レベル上げなどの周回についても最適解と言われており、
このゲームの仕様として星4以上の高レアリティ英雄はほぼ全てのキャラクターが
スキルを発動すると約7秒程度のアニメーション演出が入ります。

ただし、この闇ヴィルドレッドの場合、
特定条件下にならないとアニメーションが入らない仕様となっており、
約3秒という短時間で技の発動が終わります。

常に複数の敵を攻撃し、アニメーションもない英雄という条件では
他にレナや光ディエリアという英雄が存在するので唯一無二ではないのですが、
高難易度のサブストーリーになってくるとやはり闇川の強さは健在です。

機械仕掛けの塔や他コンテンツでも、
とりあえず空いてる枠に闇川入れとけばなんとかなったりするので汎用性高し。

イベント用マップの攻略、周回など今でも最大効率を発揮できるので
入手機会があれば最優先で取得したいキャラになります。

 

第二位 罪悪のアンジェリカ(闇アンジェリカ)

最適解のコンテンツ

  • ギルドバトル(攻撃、防衛)
  • 闘技場(攻撃、防衛)
  • 試練の殿堂
  • メインストーリー、サブストーリー攻略及び周回
  • ワイバーン13

 

解説

この残悪のアンジェリカは他の英雄にはない独自の性能をフルに盛り込んでいます。
スキル毎に分けて見ていきましょう。

S3 自身に不死を2ターン付与。味方全体に攻撃力UP&スピードUPを2ターン付与する。


まず自身に不死というバフ効果について。

エピックセブンの対人戦におけるNPCの敵を狙う挙動が少し特殊で、
敵に不死がついている場合も、弱点属性だったりHPが減っていると優先的に大技を打ち込んでしまいます

この挙動のお陰で、不死バフを所持しているキャラの有用性は非常に高いです。
不死バフがある英雄としては、他にも火属性のカイロンや闇セシリアも代表的ですね。

無敵が付与されている相手は狙わないよう修正されたのになぜ不死は許されるのか。

エピックセブンで非常に重要度が高いスピードと攻撃力UPバフを同時に味方全体に付与できるのも強力。
後に続くスピードが高いほど攻撃力が上がる緑川やシダーのダメージが半端ないことになります。

S2 自身が不死バフがついている場合に敵が復活できず、敵が気絶した場合味方のHPが回復する。(パッシブ)

書いてることがもう強いですよね。

闇アンジェリカに不死バフがついている間は敵が復活できません。
ただし味方は復活できるので、一方的に相手側に不利な状況を押し付けることが出来ます。

敵が復活できない技としては”消滅”というものもありますが、闇アンジェリカは別格。
例えば、チェルミアなどの攻撃力の高い英雄が先手で敵を倒した後、闇アンジェリカのS3を使えば
その後にルエルが動こうが復活ができなくなります。

つまり、復活持ちキャラよりも先手をとれさえすればS3を打つタイミングはアタッカーの前でも後でも良いのがポイント

復活スキル持ち英雄は基礎速度が遅く設定されているので、普通に速度負けします。

 

S1 敵に攻撃力DOWNを付与し、自身に不死が付与している場合に攻撃力が一番高い仲間に連携攻撃を付与する

これも非常に強い。

ランダムな仲間が連携攻撃ではなく、「攻撃力が一番高い仲間」というのがポイント。
S1が強力な闇川やチャールズ、闇テネブレア、闇ヴィオレタなどとコンビを組んだときの
爆発力は凄まじく、汎用性が高いです。

S3-S1(連携あり)-S1(連携あり)–S1(連携なし)-S3-S1(連携あり)…という動きが非常に強力。
第一位の闇川と組めば各コンテンツの攻略が一気に楽になりますね。

第三位 海辺のヴェローナ