Webサーバーソフトウエアをapache2からlighttpdに移行

2018年8月12日

apache2の機能を最大限に活かしきれてなかったので、シンプルで負荷の少ないlighttpdに移行したので覚書き。
[Ubuntu Server 10.04, lighttpd 1.4.26]

#aptitude install lighttpd lighttpd-fastcgi lighttpd-mod-webdav
#vi /etc/lighttpd/lighttpd.conf

12行目、モジュールを環境に合わせて設定する。
とりあえずmod_fastcgimod_webdavのコメントを外し、mod_cgiを追加で記述した。

31行目のディレクトリ設定も環境に応じて変更。

40行目、cgiもインデックス対象にする。

index-file.names           = ( “index.php", “index.html",
                               “index.htm", “default.htm",
                               “index.lighttpd.html", “index.cgi" )

62行目、cgiファイルも扱えるように。

static-file.exclude-extensions = ( “.php", “.pl", “.fcgi" ,"cgi")

90行目、ディレクトリが丸見えになるのを防ぐ。

server.dir-listing          = “disable"

最後に、以下のものを終末に記述した。

#### FastCGI module

fastcgi.server = ( “.php" => 
( “localhost" => 
       ( 
        “socket" => “/tmp/php-fastcgi.socket", 
        “bin-path" => “/usr/bin/php-cgi", 
        )
)
)

#### CGI module
cgi.assign                 = ( “.pl"  => “/usr/bin/perl",
                               “.cgi" => “/usr/bin/perl" )

 

#service apache2 stop
#service lighttpd restart

Syntax OK
* Starting web server lighttpd                                          [ OK ]

lighttpdの起動が確認できたら、apache2が不要になるので削除。

#aptitude apache2 remove

これだけではapache2のサービスを削除できなかったので、Webminの"起動及びシャットダウン"からapache2の項目を削除。
サーバーを再起動して完了。

最初はWebminが起動せずに試行錯誤したのですが、webdavモジュール絡みが原因でした。
lighttpdに移行してからは、全体のメモリ使用量がapache2では31%だったのに対して17%で安定するようになりました。

The following two tabs change content below.

napnak

2017年から株式投資に興味を持ち始め、現在30銘柄保有中。 ゲーム / デジタル製品 のインドアな趣味を楽しみつつ、登山 / 釣り / サバゲー も好きで、興味があることはとりあえずやってみる!をモットーに生活しています。