スイッチャブル・グラフィックス(Switchable Graphics Mode)の問題点

2015年4月28日

最近のノートPCは非常に利口で、処理が少ない時にはCPU内蔵グラボを利用し、
ゲームなどの処理が重くなった場合には専用のグラフィックボードへ切り替えるという
エコにも優れたとても優秀な機能が存在します。

その機能は「スイッチャブル・グラフィックス」と呼ばれており、
自動的に最適な消費電力で動いてくれるので、何かと重宝しています。

ただ、このスイッチャブル・グラフィックス
デフォルト設定である”Dynamic”の設定では、仕様上いくつか誤解を招くような問題点があり、今回はそれについて語っていきたいと思います。

ちなみに、今回検証に利用したPCは「hp Pavillion dv6-6118tx」で、
BIOS Version は”F.1B”になります。

 

■ 問題点1 Windows エクスペリエンスインデックスにて、有効なスコアが表示されない

CBWlXBvUgAE4Zq9.png-large CDmkySgWEAE9AM9

左:BIOS の Switchable Graphics Mode を Dynamic にした時のスコア
右:BIOS の Switchable Graphics Mode を Fix にした時のスコア

上記画像は、Windows 7でのエクスペリエンスインデックスの結果です。

最初に説明しておくと、Switchable Graphics Modeはグラフィックを処理するH/Wを
動的に切り替える(Dynamic)か、手動で切り替える(Fix)かを設定する項目です。

画像を比較して頂くと、グラフィックスの値に大きく違いが出ている事が分かると思います。

この結果から判断できるのが、Windows エクスペリエンスインデックスでは
省電力モードで(Intel HD Graphicsにて)スコアが計測されてしまっています。

スイッチャブル・グラフィックスさんは、Windows エクスペリエンスインデックスを動かすのに省電力モードで十分だと判断してしまう見栄っ張りさんなのです。

 

■問題点2 ハイパフォーマンスモードで動いた場合でも、表示はIntel HD Graphicsのまま

キャプチャ

上記画像は、2015/4/27に公開された「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」のランチャー画面です。

赤枠内に注目してもらいたいのですが、あたかもIntel HD Graphics を利用してベンチマークを動かしているような表示のされかたをします。

ですが実際ベンチマークを走らせてみると、Radeon 6770Mを利用して計測していることが分かりました。
※Switchable Graphics Mode を Fix にした時のスコアと、
 Dynamicにした時のスコアの数値に違いが見受けられないという結果からの判断。

BIOS の Switchable Graphics Mode を Fix にしているとこの問題は発生せず、
正常に赤枠がRadeon 6770Mと表示されるのですが、せっかくのスイッチャブル・グラフィックスが動的に機能せず性能を発揮できなくなってしまうというジレンマとなり、なんだか残念な感じに。。

これは、FFXIVベンチ側の問題ではなく、アプリは単にOSが認識している値を参照しているだけなので、どちらかといえばOS側に問題があると言えます。

このような問題点から、以下のような誤解を招く可能性がでてきました。

・CPU内蔵グラボ(Intel Graphics HD)って意外とサクサク動いて凄いな!
  -> 実際は別のグラボで動いている。

・ハイパフォーマンスにしてるのに、Intel Graphics HDを使ってるように表示されてるんだけど…。
  -> 実際はしっかりハイパフォーマンス用のH/W切り替わっているが、
       見た目だけでは分からない。

 

この問題、特段一般ユーザーは重要ではないように見えますが、
ノートPCでネトゲしている私なんかは、意外と困ってしまう場面がでてきます。

例えば、オンラインゲームでバグを運営に報告したいときに、
Dxdiagの情報提供を求められることがあるかと思います。

ここで問題なのが、デフォルトのDynamicで動かしていると、DXdiagは省電力モードで動いてしまい、Intel HD Graphics を参照してしまいます。

aaa

Catalyst Control Centerの「切り替え可能なグラフィック」にて
dxdiag.exeをハイパフォーマンスにしたらよくね?と思うかもしれませんが、
それを設定しても状況は変わらず。。

一々BIOSで”Switchable Graphics Mode”をFixにして起動しないと
Dxdiagで正しい値を出力できないという、とても面倒な事態です。。

ノートPCのスペックを測定する際や何かしらで報告する時は、
くれぐれも誤解のないようお気をつけて。。

The following two tabs change content below.

Napnak(ナップナック)

ミステリーADV、ハクスラ、ローグライク大好き人間。 現在はグラブル、エピックセブン、AFKアリーナをメインにプレイ中。過去にRO / アラド戦記 / FF11 / FF14 / パンヤ / PoE / LoV3 をガッツリ遊んでたのでそこらへんの思い出も語れます。